さわやか会社員

学生です。

Pythonちょっとやった3

今日はPythonで亀を操作する方法や関数を作る方法を勉強しました。少しずつですが確実に学んでいけている実感があります。

より先のことを学ぶことで以前はぼんやりとしかわかっていなかったものがある程度鮮明に見えるようになるというのを感じました。

 

この感覚が分かるとその分野の勉強へのモチベーションが高まっていくので、正のスパイラルにはまり込むことができます。

 

僕は中学3年の時に数学に対してこの感覚を初めて感じて、そこから数学が比較的得意になりました。2年生まで他の人より理解が浅かったことが、かえって大きな飛躍感を覚えさせることを助けたと思います。

何事もこうやって全部分かればよいのですが、こういう感覚を覚えることはまれですね。

 

Pythonスタートブックもあと2章です。最後まできちんと読んで次の本に進みます。